21

5月

2015

CATV事業好調で増収増益

CATV最大手でメディア娯楽企業NBCユニバーサル(NBCU)も傘下に置くコムキャストの201513月期決算は、CATV部門の好調に支えられ売上高は前年同期比2.6%増と市場の予測を上回る1785000万㌦を記録した。純利益は同10%増の206000万㌦だった。

続きを読む 0 コメント

21

5月

2015

21世紀Foxは減収減益

 世界のメディア王の異名をとるルパート・マードック氏率いる米娯楽・メディア企業大手「21世紀フォックス」が発表した201513月期決算は、地上波テレビFoxネットワークの不調、スポーツ物件の放映権料の圧迫、ドル高による海外市場からの収入減などが影響し、前年同期比7.5%の減益、純利益は97500万㌦となった。ただ、減益率は市場の予測を下回るものだった。売上高は、欧州の衛星放送事業「Skyイタリア」と「Skyドイチェランド」の売却が大きく影響し、16.8%減の684000万㌦と減収を記録した。

続きを読む 0 コメント

14

5月

2015

ニュースを知らない?デジタル世代

米国ではミレニアル世代と呼ばれる1834歳層のニュースへの関心が薄れている、というのが通説だ。ところが、その通説をくつがえす調査結果がこのほど明らかになった。AP通信とシカゴ大学の全国世論調査センター(NORC)の合同調査によれば、同層の85%が「自分にとって大切と思えるニュースはフォローする」と答えたほか、「毎日ニュースをチェックする」と答えた若者は69%にも及び、「ニュースに疎いミレニアル」というイメージとは裏腹な結果となっている。同調査の対象になった一人、フロリダ州に住む24歳の大学生は、「我々がどれだけ世の中のことを知っているか、一般の人は気づいていないのではないか」と述べている。

続きを読む 0 コメント

14

5月

2015

映画・ケーブル局好調で売上高増

ニュース専門局CNNを含む数々の人気ケーブル局や映画会社「ワーナー・ブラザース」などを傘下に置く米娯楽・メディア企業大手タイムワーナー(TW)はこのほど201513月期の決算を発表した。視聴率が好調だったケーブル局やヒット作に恵まれた映画部門、さらには有料チャンネルHBOの加入者が増えたことなどが貢献し、売上高は昨年同期比4.8%増となる713000万㌦と、市場予測を上回る結果となった。

続きを読む 0 コメント

29

4月

2015

コムキャスト、TWC買収を断念

米ケーブルテレビ(CATV)最大手コムキャストは424日、同業界第2位のタイムワーナー・ケーブル(TWC)の買収を断念すると発表した。コムキャストは昨年2月、TWC452億㌦で買収する計画を発表したが、ここにきてFCC(米連邦通信委員会)や司法省などが両社の合併を懸念する立場を明確にしたことや、連邦議会の一部から合併反対の動きが出てきたこともあり、承認は得られないとの判断に至った模様だ。コムキャストは前日、FCCとの会合に臨んだがその時、FCCサイドから事案を特別公聴会にかける意向が示されたことが「死刑宣告に等しいものとなった」(著名アナリスト、リッチ・グリンフィールド氏)という。

続きを読む 0 コメント

American Media