27 日

8月

2015 年

CBS・バイアコムは大幅減益 

 米メディア王の一人、サムナー・レッドストーン氏(91)が率いる米メディア企業「CBSコーポレーション」と「バイアコム」が相次いで201546月期決算を発表した。世帯視聴率王地上波テレビCBSネットワークや有料チャンネル「Showtime(ショータイム)」などを傘下に置くCBSコーポレーションの同期売上高は前年同期比ほぼ横ばいの322000万㌦。純利益はラジオ局やローカルテレビ局のリストラ費用などが嵩み前年同期比24%減となる33200万㌦だった。レスリー・ムンベスCEOは、投資家への説明文の中で、海外市場向けのコンテンツの充実やインターネットを含む新たな番組配信網の開拓などを通し放送外収入拡大を導く長期的な成長戦略を説明した。CBSはかつて売上高の7割を広告収入に異存していたが、現在では50%レベルにまで下がっているという。

続きを読む 0 コメント

27 日

8月

2015 年

アップフロント売上が87億㌦ 

 米地上波テレビネットワークが9月から始まる新シーズンのプライムタイム(午後811時)で放送する番組のお披露目と番組内で放送されるCM(コマーシャル)前売り販売交渉「アップフロント」がこのほど完了した。4大ネットワーク(ABCCBSFOXNBC)全体の売上高を見ると、昨年比3%ほどの減少となる87億㌦(広告業界誌アドバタイジング・エイジ)でまとまった模様だ。同売上高は3年連増で前年度を下回ったことになる。

 視聴者必見の番組が減少傾向にあるなか広告主によるテレビ番組への投資ムードが冷え込んでおり、もし来年の80億㌦を割り込むようなことがあれば、09年リーマンショック以来最悪のものになるとの懸念も寄せられている。交渉後、CM枠全体の2025%が放送開始後以降に温存されているという情報もある。

続きを読む 0 コメント

20 日

8月

2015 年

FOX、地上波TV失速などで減収減益

 米娯楽・メディア企業大手「21世紀フォックス」の201546月期決算は、傘下の地上波テレビや映画部門が不調だったこと、さらにはスポーツ物件の放映権料が負担になったことなどから、純利益は前年同期の99900万㌦から大きく落ち込む8700万㌦。売上高は前年同期比26.2%減の621000万㌦と減収減益を記録した。ちなみに、売上高の市場予測平均は641000万㌦だった。

続きを読む 0 コメント

20 日

8月

2015 年

TW、番販・ビデオゲーム好調で増収増益

 米メディア・娯楽大手タイム・ワーナー(TW)がこのほど発表した201545月期決算は、番組制作部門などが好調だったことを背景に、売上高は前値同期比8.2%増となる735000万㌦。純利益は14%増の97100万㌦を記録し、市場予想を上回る増収増益となった。

 TWの最高経営責任者(CEO)ジェフリー・ビューケス氏は投資家に宛てたステートメントの中で、特に同社傘下の有料チャンネル「HBO」の功績が際立っていることを力説した。同チャンネルはテレビ業界のアカデミー賞と言われるエミー賞に126カテゴリーと過去最高のノミネート数を獲得したほか、15年連続で“最も候補数の多いネットワーク”に選ばれ続けている。

続きを読む 0 コメント

13 日

8月

2015 年

ディズニー、映画好調で増収増益 

 米娯楽・メディア企業大手ウォルト・ディズニーがこのほど発表した201546月期決算は、好調だった映画部門に加え、消費者向け商品部門が健闘し、純利益は前年同期比11%増となる248300万㌦を記録した。また売上高は同5%増の131100万㌦となり、増収増益となった。

 ただ、増収だったとはいえ、売上高は市場予測を若干下回ったうえ、同グループ全体の稼ぎ頭的存在であるスポーツ専門局「ESPN」の配信を取りやめたペイテレビ・サービス(CATV、衛星放送、電話会社)が増えたことで、既存テレビビジネス・モデルへの先行き不安感が広がり、同社株価は決算発表翌日9%も下落した。

続きを読む 0 コメント

American Media