2016年

5月

26日

ディズニー1Q 、映画好調で増収増益

 米娯楽・メディア企業大手ウォルト・ディズニーがこのほど発表した201613月期決算は、売上高は前年同期比4%増となる1296900万㌦、純利益が2%増の214300万㌦と増収増益を記録した。しかし、基幹事業であるメディア・ネットワークス部門が低調だったことなどから増収増益率が市場の予想を下回り、決算発表後の株価は一時5%以上下落した。

 

 

続きを読む 0 コメント

2016年

5月

26日

21世紀FOX、ケーブル局パワーで大幅増収

 地上波テレビCBSネットワークや人気ニュース専門局などを傘下に置く米メディア企業大手21世紀フォックスがこのほど発表した201613月期決算は、主にケーブル局グループが大きく貢献し、前年同期比5.7%増となる723000万㌦の売上高を計上した。市場の予想を上回る結果だった。純利益は前年同期に売却したヨーロッパの衛星放送事業に見合う特殊要因がなかったことなどから13.7%減となる84100万㌦となった。

続きを読む 0 コメント

2016年

5月

19日

不振がつづくバイアコム、CBSは好調

 米メディア王サムナー・レッドストン氏が名誉会長を務めるメディア企業バイアコムがこのほど発表した201513月期決算は、傘下のケーブル局の不振などが影響し、売上高は前年同期比3%減となる30億㌦と、ここのところ続いている不振から脱しきれない経営状況を印象付けるかたちとなった。高齢のレッドストン氏から会長職を引き継いだフィリップ・ドーマンCEOへの風当たりが弱まることはなさそうだ。純利益は、大型リストラコストの影響で5300万㌦の赤字となった前年同期から今期は3300万㌦の黒字に転じた。

続きを読む 0 コメント

2016年

5月

19日

TW、スポーツ番組・選挙報道で増収増益

 CNNをはじめとするケーブル局(ターナー部門)や映画会社(ワーナー・ブラザース部門)などを傘下に置く米メディア企業大手タイムワーナーはこのほど201613月期決算を発表。ターナー部門と有料チャンネルHBOを抱えるホーム・ボックス・オフィス部門が市場の予想を超える好調ぶりを示したことから売上高は前年同期比3%増となる73億㌦。純利益は25%増の12億㌦に達した。

 

 ターナー部門を見ると、CATV事業者、衛星放送、電話会社の映像配信サービス(ペイテレビ)から前年同期比11%の値上げを獲得した配信料収入が大きく寄与したほか、スポーツ番組などの広告収入が5%増となったことなどから、同部門の売上高は前年同期比7.2%増となる29億㌦を記録した。

続きを読む 0 コメント

2016年

5月

12日

米CATV事業者の大型合併を承認

 米連邦通信委員会(FCC)は56日、米CATV(ケーブルテレビ)事業者第4位のチャーター・コミュニケーションズ(以下、チャーター)、同第2位タイムワーナー・ケーブル(TWC)、第6位ブライト・ハウス・ネットワークの合併申請を認める判断を下した。同合併劇は、チャーターによるTWCとブライト・ハウスの実質的な買収で、買収額は約656億㌦。負債込で787億㌦になるという。

続きを読む 0 コメント