Thu

16

Oct

2014

テレビ離れを始めた米CATV

10月に入って米CATV(ケーブルテレビ)業界で注目すべき動きが出た。全米5位のCATV事業者「Suddenlink Communications(サドンリンク・コミュニケーションズ)」が米メディア企業大手バイコム傘下のケーブル局の配信を打ち切ったのだ。これらケーブル局には若者に人気の「MTV」や「コメディー・セントラル」、さらには子供向け専門チャンネルの老舗「ニコロデオン」などが含まれる。

read more 0 Comments

Thu

16

Oct

2014

映画を劇場と家庭に同時配信

インターネットを使ったテレビ番組や映画のオンデマンド配信で圧倒的な人気を博している米Netflix(ネットフリックス)がこのほど発表した新たなサービスが米メディア界に波紋を投げかけている。同社は、米映画会社ワインスタインと共同で2000年にヒット作となった映画『グリーン・デスティニー(英語名:Crouching Tiger, Hidden Dragon)』の続編を制作するが、その配信方法にハリウッドから猛烈な反発が出ている。同映画を20158月に完成後、通常の映画よりも大きなサイズの映像が上映できる「アイマックス」劇場で封切ると同時にネットフリックス会員には無料で同時配信するからだ。

read more 0 Comments

Wed

08

Oct

2014

米FAAが条件付きでドローン飛行許可

米連邦航空局(FAA)はこのほど、テレビ番組や映画制作に、ドローンと呼ばれる小型無人機の使用を条件付きで認める決定を発表した。今回申請のあったプロダクション会社から「Aerial Mob」社、「Astraeus Aerial」社、「HeliVideo Productions」など合計6社に対し特別許可書を発行した。これまで米国では民間企業によるドローンの飛行は、基本的には禁止されていた。

ドローンはヘリコプターでは不可能な低空飛行撮影などが可能なほか、コストも廉価ですむことから、映画やテレビ番組制作会社から一斉に歓迎の声が上がっている。

read more 0 Comments

Wed

08

Oct

2014

米テレビCM最高額はNFL番組

9月から始まった米テレビ界新シーズンで放送される番組のCM(コマーシャル)料金状況が明らかになってきた。米広告業界誌「アドバタイジング・エイジ」によれば、最高額のCM料金が取引されているのは地上波テレビNBCネットワークが毎週日曜日夜に放送するNFL(米プロフットボール・リーグ)主催の試合中継番組『サンデーナイト・フットボール』(SNF)。30秒スポットの値段は推定平均627300㌦。

read more 0 Comments

Wed

01

Oct

2014

米TV新シーズン、広告出稿が低調

新シーズンに突入した米テレビ界だが、広告出稿に活気がない。5月に行われた新シーズンのプライムタイム(午後811時)で放送される番組のCM前売り交渉(アップフロント)が例年になく不調に終わったことが尾を引いているうえ、各社、シーズン前の夏季特別期(68月)の視聴率が芳しくなかったことも広告主が広告出稿をためらう要素となっているようだ。そのため、アップフロントで温存していた残りのCM枠(通常1520%)が取引される交渉「スキャター・マーケット」も不調に終わるとの見方が広がっている。ちなみに、スキャターはシーズン直前から開始直後にかけ行われる。

read more 0 Comments

American Media