2011年

12月

19日

【Trivia】ギフト・レシートとは?

クリスマスまで1週間をきり、マンハッタンの街角の小売店やデパートなどはプレゼントを買い求める人で賑わっています。プレゼントを購入する際に、お会計で忘れずにもらっておきたいのがギフト・レシートです。このレシート、一年中発行しているお店もありますが、特にこのシーズンはほとんどの店で扱っています。

 

そこで、Trivia

ギフト・レシートとは、一体どんなレシートなのでしょうか?

答えは、、、

プレゼントとしてもらった商品の返品や交換をしてもらうためのレシートです。

 

皆さんは誰かからもらったプレゼントでサイズや趣味があわなかったりしたことはありませんか?そんな時に、このギフト・レシートがあれば、そのお店に商品を持って行って、返品や交換をしてもらえます。返品の際には、そのお店でのみ使える商品券を発行してくれるところが多いのですが、中にはキャッシュに換金してくれるお店もあります。

 

日本ではプレゼントされたり自分で購入した商品を返品することはめったにありませんが、アメリカでは日常茶飯事のことです。返品天国といっても過言ではありません。ルールはお店によって違いますが、パッケージを開けた後の返品は当たり前。人によっては一度袖を通した洋服や、使用した電化製品なども返品してしまうほどです。レシートを紛失しても返品できてしまうお店もあるので驚きです。

 

全米小売連盟(NRF)の調査によると、プレゼントを購入した人の61.9%がギフト・レシートをつけてプレゼントを贈るとのこと。贈ったギフトを気に入ってもらえない場合は、好きなものと交換してもらい快く使ってもらった方が嬉しいと、何ともアメリカらしい考え方です。

 

ところで、クリスマス・シーズンには空き巣が多発しますが、賊が窃盗品などを返品して荒稼ぎをするケースが少なくないようです。NRFの調査によると、2011年のホリデーシーズンには返品詐欺による損害額は約35億㌦にも上った模様です。

 

クリスマスが終わると、このギフト・レシートを持参し、返品や交換をするお客が長い列をつくっているのをよく見かけます。ただし、あまり日にちがたつと交換できなくなるケースもあるので要注意です。

 

ということで、アメリカではプレゼントにギフト・レシートをつけて渡す人が多いことを皆さんはご存知でしたか?

 

<NY みずほ>  ほかのトリビアはこちらから 

 

American Media