テレビ広告産業は機能しているか?

 

 今日のTV広告について簡潔にまとめている”Investopedia”の Dina Zipinアナリストの記事の全訳です。

 

続きを読む

TV最大の商戦Upfront始まる

 

 米国テレビ界にとって、もっとも重要なイベント、Upfront(アップフロント)が今週から始まる。ネットワーク各局が秋からの新番組をアピールし、アドヴァタイザーとスポットCMの契約をかわす華やかな商談の場だ。 

続きを読む

ディズニーの制作費は売上の14%、ネットフリックスは83%

 

 米国の企業は、株主への配当を削ってでも、企業価値の向上や長中期的な競争を勝ち抜くために戦略的な資本投資を行うことがある。一度決めた余剰利益処分の方法に惰性的にこだわるのではなく、マーケットの動向と投資戦略が取締役会で激しく議論され、必要に応じて大胆に方向転換をおこなうのが常態となっている。しかし、そのためにはマーケットへの丁寧な説明が不可欠で、企業はホームページや記者会見を通じて頻繁に業績と経営戦略の説明を行っている。アマゾンのように、配当を押さえていても、その投資戦略が明確で、なおかつ利益をあげていれば、株価が大きく上昇し、最終的には株主の利益につながっている。

続きを読む

世界のデジタル広告、2023年には50兆円規模に

 

  eMarketer(3月28日)によると、世界の広告のうち、デジタル広告市場は、2018年の2822億ドル(約31兆1680億円)から、2023年には約80%増の5175億ドル(約56兆9250億円)にまで増加すると予想される。

続きを読む

米国のアドレッサブル広告は2020年に3700億円に

 

 Video Advertising Bureauによると、米国のアドレッサブル広告は2019年の25億4000万ドル(約2804億ドル)から2020年には33%増の33億7000万ドル(約3700億円)になる見込みだ。

続きを読む