2015年

1月

07日

米衛星放送がネット配信進出へ

米衛星放送大手ディッシュ・ネットワークはこのほど、インターネット上のケーブル局配信サービス「Sling TV(スリングTV)」を今月中に立ち上げると発表した。米国で“ペイテレビ”と呼ばれるCATV、衛星放送、電話会社が提供するテレビ配信サービスのインターネット版。高額加入料を嫌ってペイテレビ・サービス解約に踏み切った“コードカッター”や “コード・ネバーズ”などと呼ばれるペイテレビに加入したことのない若者層がターゲットだ。

スリングTVの特徴は何といっても圧倒的な人気を誇るスポーツ専門局「ESPN」がラインアップされていること。ディッシュは、ESPNの魅力でコードカッターやコード・ネバーズを取り込むことが出来ると確信している模様だ。

ただ、ペイテレビに加入している若者層の多くがサービス解約を躊躇する主な理由について、「スポーツ番組、特にESPNが見られるなくなるから」と答えていることから、スリングTVが人気を呼べばさらなるコードカッターを生み出す可能性も指摘されている。発表後、米メディア界からは、「ペイテレビを中心とする米テレビビジネスのエコシステムの崩壊につながる動きだ」などと警笛を鳴らす声も上がっている。ちなみに、ケーブル局やローカル局を傘下に置く米メディア企業にとってペイテレビから徴収する配信・再送信料は極めて重要な収入源になっている。

これに対しディッシュ経営陣は、「もともとディッシュ加入者にはコードカッターやネバーズが含まれていないので、本業が侵食される心配はない」と強調している。同サービスにESPNを提供することにしたディズニー関係者も、(スリングTVは)ペイテレビに加入せずブロードバンド通信のみ契約している推定1200万人の若者層が対象。ESPNを配信している他ペイテレビ・サービスへの悪影響はないはず」としている。

米調査会社SNLケーガンによれば、ペイテレビ加入料の全国平均は月額95.73㌦ほどだが、スリングTV20に設定されるESPNの他、ニュース専門局CNN、子供向カトゥーン・ネットワークなど人気ケーブル局が見られるが、地上波テレビ4大ネットワーク(ABCCBSNBCFox)などは視聴できない。過去3日間に放送された番組をオンデマンドで視聴することも可能。同サービスへはパソコン、スマホ、タブレット型情報端末、ゲーム機などからアクセスできる。家族などによる複数の端末からの同時アクセスは不可。

<テレビ朝日アメリカ 北清>

 

American Media