2014年

8月

13日

米ディズニー、映画など好調で大幅増益

米娯楽・メディア大手のウォルト・ディズニーが201446月期の決算を発表した。傘下の映画部門、特にマーベルコミックス系の映画『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』が大ヒットしたことなどが貢献し、純利益は市場の予想を上回る前年同期比22%増の225000万㌦。売上高も8%増の1247000万㌦となり、増収増益となった。 

部門別で見ると、基幹ビジネスの「メディア・ネットワーク」部門の売上高は、前年比3%増の551100万㌦。営業利益は前年同期比横ばいの229600万㌦。地上波テレビABCネットワークや直営局がペイテレビ事業者(CATV、衛星放送、電話会社)から得た再送信料やプライムタイム番組『Marvel’s Agents of S.H.I.E.L.D』の番組販売などが好調だったため、同セグメントの営業利益は同66%増となる35400万㌦を記録した。売上高は同7%156900万㌦。

稼ぎ頭的な存在のケーブル局群は、スポーツ専門チャンネル「ESPN」がサッカー・ワールドカップ・ブラジル大会の米国内独占放送が記録的な視聴率を獲得。それに伴う広告収入が好調だったものの、同局が支払った様々な放映権料が嵩み営業利益は同7%減となる194200万㌦だった。売上高は1%394200万㌦。

「メディア・ネットワーク」についで売上高が多かったのが「パークス&リゾート」部門。来場者が増えたことやテーマパーク内のレストランやギフト・ショップ販売などが貢献し、売上高は前年同期比8%増となる398000万㌦に達した。営業利益は同23%84800万㌦と大幅に増えた。

絶好調だった映画部門を抱える「スタジオ・エンターテイメント」部門の売上高は前年同期比14%増と二桁台成長を示し18700万㌦となった。営業利益は前年比倍額となる41100万㌦を記録。世界市場における興行収入が71360万㌦に達したキャプテン・アメリカのほか、世界的なヒット作となったアニメ映画『アナと雪の女王』の日本における興行成績も大きく寄与したことが特筆される。

キャラクター商品などを手掛ける「コンスーマー・プロダクト」(商品事業)部門の売上高は前年同期比16%増となる9200万㌦。営業利益は同25%増にもなる27300万㌦に達した。『アナ』関連グッズとDVD販売、そしてケーブル局ディズニー・チャンネルで放送されている番組関連商品の売上が好調だった。

日本での携帯電話ビジネスが支えた「インタラクティブ」部門の売上高は同45%26600万㌦だった。

<テレビ朝日アメリカ 北清>

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    chanel replica (月曜日, 18 8月 2014 01:38)

    Chanel iconic aspects, pearls, smartly furnished divorce lawyers atlanta details.

American Media